タグ:神社仏閣 ( 66 ) タグの人気記事

2007年 11月 16日
高台寺のライトアップ(3) 「水鏡」

 高台寺で一番、感動したライトアップは臥龍池の「水鏡」です!
 もったいぶって(笑)2回に分けてアップさせていただきますね(^^)
 
 ① 黄色い紅葉は池に映り込んだ対面の木々。
f0019849_2018131.jpg


 ② 赤い紅葉の下にも映り込みの紅葉が・・
f0019849_20194287.jpg


 ③ 水鏡に映った紅葉、幻想的な逆さ世界
f0019849_2025252.jpg


 ④ 静かな映り込み(開山堂)もまた美しい
f0019849_2031683.jpg


 次回は横写真。全体の雰囲気をお伝えしますね~(^^)
 
[PR]

by maronn-05 | 2007-11-16 20:40 | 灯り/光と影
2007年 11月 15日
高台寺のライトアップ(2) 光と映像と音楽の競演

 ① 湖月庵にて
f0019849_11172421.jpg


 ② 方丈前庭「波心庭」のライトアップ
f0019849_11192377.jpg


 ③ 音楽に合わせて光が変わる!
f0019849_11234367.jpg


 ④ 色が変化し、幻想的な雰囲気に包まれていく・・
f0019849_11245570.jpg


 ⑤ 勅使門に様々な映像が映しだされる
f0019849_1125519.jpg


 ⑥ 静かに石組もライトアップされていた
f0019849_11324964.jpg


  
   今回のコンセプトは『玉響(たまゆら)』 と題して
 
一瞬を見つめ、"いのちの響"を光・映像・音で表現し、
 いのちの輝きの素晴らしさと儚さを描くことで、今という時の大切さ、未来を考えることの大切さを伝えている

   のだそうです。
                                         (三洋電機ニュースリリースより)
  
 
  次回は私を一番、感動させてくれたライトアップを見ていただこうと思います。                                       

スキン変えました!
[PR]

by maronn-05 | 2007-11-15 11:42 | 灯り/光と影
2007年 11月 13日
高台寺のライトアップ(1) 序章

 11月11日に出かけた高台寺のライトアップの模様をお伝えしますね。
 しばらく枚数が多いですが、どうぞお付き合いくださいね。

 ① どんな音が響くのでしょうか?
f0019849_11511132.jpg


 ② 提灯の灯りは暖かいですね。
f0019849_11521937.jpg


 ③ 
f0019849_11581752.jpg


 ④ 『夢』一文字。 (庫裏にて)
f0019849_1215119.jpg


 ここで、ようやく受付に入ります。

 ⑤ 原種の藤袴
f0019849_1245980.jpg


    源氏物語の古今和歌集でも詠まれたこの藤袴
             今、環境の変化で絶滅の危機にさらされているそうです。  
    原種の藤袴からさし芽を取り、今年200鉢を育成され、来年は500鉢の予定だそうです。
    見慣れた花すら絶滅の危機にさらされていると知り、衝撃を受けました。
    植物も動物も同じ地球の尊い命。
    地球上で一番、迷惑をかけているのが悲しいかな私たち人間です。
    守る心も大切にしていきたいですね。  

   同じ野の 露にやつるる藤袴
               あはれはかけよ かごとばかりも

                 
                                 (源氏物語 三十帖 「藤袴」より)
                          
(「守ろう!藤袴」プロジェクト参照)


 では、ライトアップのさわりだけ見ていただきますね。

 ⑥
f0019849_12185632.jpg


 ⑦
f0019849_1221958.jpg


 ⑧ 
f0019849_12214829.jpg


 木々が紅葉するには少し早かったですが、ほんのり色づき始めた葉っぱは 
 乙女に似て少しはにかんでいるように思えました。

 高台寺のライトアップの魅力はまだこれから・・今日はここまでと致します。


 高台寺のライトアップは 2007.10.26(金)~12.09(日)の 日没~21:30までしております。
 ほかの神社仏閣でもライトアップが開催されていますが、
 微妙に日程が違うので、気をつけてお出かけくださいね。

 実は私たちも清水寺のライトアップを楽しみに出かけて、日時を間違えていたのでした(><;)
[PR]

by maronn-05 | 2007-11-13 12:28 | 建物/神社仏閣
2007年 11月 12日
久しぶりのKissDX,そして2にゃん


 右手の方は痛みも痒みもかぶれ痕もほとんどよくなっています。
 土曜日、ほぼ一カ月ぶりにKissDXを持ちました(^^)V
 我が家で試しに撮ってみたのですが、やっぱり一眼レフは楽しいですね♪

 久しぶりに我が家の2にゃんを見てくださいね。

 ① ユキ ふと見上げた彼女の眼の先には何が映っていたのでしょうか?
    時々、とても気になります。
f0019849_10471475.jpg


 ② ベッドにかけているキルトに隠れたり、顔を出したり・・一人(一匹?)遊びしているユキ!
   見つかってバツが悪そうな顔(笑)
f0019849_1053383.jpg

 
 ③ すっかりだっこ猫になったトラ。
f0019849_10544930.jpg


 ④ 息子の膝の上でご満悦(^^)
f0019849_10552832.jpg


 トラは年をとったせいか、抱っこが本当に好きになってきました。
 抱かれ方も写真はましな方で、肩にもたれて、べったり。
 しかも顔をうずめてきます。猫を抱いているというより赤ちゃんのようです!
 とはいえ、ユキと追いかけ合いをしたり、取っ組み合いをしたりとまだまだ元気でいてますが・・
 いつも2にゃんに囁きかけているのですが、
 縁あって、我が家に来た限り最低、20年は元気に生きるんだよ♪

次回予告
[PR]

by maronn-05 | 2007-11-12 11:11 | 愛すべき生き物たち
2007年 10月 02日
シュウメイギク

 今日は久しぶりにお花の写真です!
 今年はいつになくシュウメイギクが美しいと感じています。

 ①
f0019849_2334830.jpg


 ②
f0019849_2342513.jpg


 ③ おまけ写真  ミズヒキも大好きなお花です(^^)
f0019849_236795.jpg


                                        
[PR]

by maronn-05 | 2007-10-02 23:08 | flower
2007年 10月 01日
梨木(なしのき)神社 萩祭り (5)

 今回は萩まつりのラストです。

 地唄『たぬき』 が奉納されました。

   我はこのあたりに住む宮守にて候、
   毎夜毎夜このところへ古き狸がいて、神殿をあらすほどに、
   見つけ次第に討ち取らんと存ずる。
   お々見つけたぞ、見つけたぞ、鉄砲下し弾薬、火縄を付けて、狙い寄る、
   狸たまらずかさ、かさ、かさと這い出て、のふ暫く待ちたまえ、
   あの岩陰の森の内、男狸がおり申す、夫婦が仲が睦まじく、
   互いに変わるに変わらじと、言い交わしたる睦言を身持ちになって見も重く、
   それをお前に打たれては、腹なるわが子は闇から闇、
   どうぞ助けてたまわれと、手を合わしてぞ頼みける。
   宮守ともに泪ぐみ、人間畜生と異なれども忍愛のなげきかはらじと、鉄砲下し立ち上がれば、
   狸大きに悦んで命助かる御礼に、我妙たる腹鼓、
   只今聞かし申すべしと腹なでおろし座を組んで宮守ほとんど感じ入り、
   ちいちいぼうぼうの打分は、真の鼓に増さるべし、
   目出度、目出度目出度と笑うてこそ帰りけれ。


 ① 三絃替手 戸波有香子さん
f0019849_2152646.jpg


 ② 三絃本手 岡崎知夫さん
f0019849_21649.jpg


③ お2人の息もぴったりで、たぬきの雰囲気がよく出ていました。
f0019849_2182196.jpg


 ④この後、市川小夜子さんの箏独奏 「鳥のように」が演奏されたそうですが
  私は席をはずしたために残念ながら聞く事ができませんでした。
f0019849_2116531.jpg


 ⑤ その代わり、上方舞を舞ってくださった吉村桂充さんとたまたまお会いしたので、
   写真を1枚撮らせていただきました。とても素敵な方ですね。
f0019849_2118029.jpg


 ⑥ 着物を着替えてらしたと思っておりましたら、もう一曲、披露してくださいました。
f0019849_2127913.jpg


   舞 吉村桂充さん 三絃 戸波有香子さんによる「八島」です。
 能「八島」を題材にしてあり 
平家物語の巻十一「弓流し」から、屋島の戦いにおける義経主従の活躍と
 修羅道におちた武将の苦しみを描いたもの
        
Wikipediaより)だそうです。

 ⑦  『袖の露』は女性らしい舞でしたが、こちらは男性らしい、きびきびとした舞となっていました。
f0019849_21315510.jpg


 ⑧ 見事に義経を演じきられた吉村桂充さんの素晴らしい舞に心よりお礼申し上げます。
f0019849_2146425.jpg


 ⑨ 萩まつりは日本の伝統芸を間近に触れることができて、本当に楽しいものでした。
f0019849_21502188.jpg


 今回もたくさん見てくださって、ありがとうございましたm(__)m



 
[PR]

by maronn-05 | 2007-10-01 22:00 | 祭り/行事
2007年 09月 30日
梨木(なしのき)神社 萩祭り (4)

 萩まつりに飽きている方もいらっしゃると思いますが、もう少しおつきあいくださいね。
 楽しい狂言の後は、吉村桂充さんによる上方舞です。

 演目は 『袖の露』
 

   白糸の 絶えし契りを人問わん 
   つらさに秋の夜ぞ長きあいだに問い来る 
   月は恨めし 月は恨めし 明け方の枕に誘う松虫の 
   音も絶え絶えにいとどなお 萩吹く風の音信も 
   聞くやと待ちて侘びしさの 涙の露の憂い思い 
   伏してまろ寝の 袖にかわかん




 ① 
f0019849_1757287.jpg


 ②
f0019849_17573595.jpg


 ③
f0019849_17575265.jpg


 ④
f0019849_1758381.jpg


 ⑤
f0019849_17585741.jpg


 ⑥
f0019849_17595264.jpg


 ⑦
f0019849_180131.jpg


 ⑧ 素敵な踊りをありがとうございましたm(__)m
f0019849_1804753.jpg


 

 舞の中に女性の所作の美しさが散りばめられてあって、それはそれは艶やかででした。

 もう一回だけ『萩まつり』のレポートをして終わりにしたいと思います。
 

 明日からは10月。
 急に寒くなりましたので、お風邪などひかないように気をつけてくださいね。
 我が家の子どもたちは2人とも、きっちり風邪をひいています(><;)
 
[PR]

by maronn-05 | 2007-09-30 18:03 | 建物/神社仏閣
2007年 09月 29日
梨木(なしのき)神社 萩祭り (3)

今日は大蔵流狂言 茂山社中による萩大名です。
 舞台はもちろん、京都。

 ① 遠国の成り上がり大名 流行の小唄は歌えても和歌は全く詠めない無粋者です。
f0019849_1050338.jpg


 ② 大名に仕える太郎冠者 無教養なお殿様に少々、辟易しています。
f0019849_10504689.jpg


 ③ 見事な萩の庭を持つ亭主 訪れるお客には当座(即興の和歌)を所望する風流な方です。
f0019849_10513388.jpg


 少々、暇を持て余した大名に気晴らしにどこかないかと相談を受けた太郎冠者は
 亭主と親交のある、見事な萩の花のお庭を案内することにします。
 
 風流のふの字もない大名は見事なお庭を褒めるのも
 たとえば庭石を見て「火打ち石に丁度いい」などと言って亭主の失笑を買い
 慌てて訂正するということの繰り返しです。
 いよいよ、亭主に当座を詠んでほしいとせがまれた大名は

 ④ 太郎冠者に合図と共に教わった和歌を太郎冠者に助けてもらいつつ、
   七重八重、九重とこそ思いしに、十重咲きいずると何とか詠み進めます。
   
f0019849_11105599.jpg


 ⑤ 庭の亭主に褒められて、ご満悦な大名。
f0019849_11154079.jpg


 ⑥ しかし、締めの句で太郎冠者はこの無粋な大名に
   少し懲りてもらおうとさっさと帰ってしまいます。
   振り返った大名は太郎冠者が忽然と姿を消していたので、おろおろと探しまわります。
f0019849_11172349.jpg


   庭の亭主は締めの句を詠み聞かせろと大名に詰め寄ります。
   本当は「萩の花かな」で締めるのですが
   太郎冠者が合図としてふくらはぎ(萩)と鼻(花)の頭を触ったことを思い出した大名は
   「太郎冠者の向こう脛(ふくらはぎ)と鼻の頭」」と言ったものだから、
   赤っ恥をかくというお話です。

 
   話が進むにつれ、私は写真を撮る事がどうでもよくなって、笑っておりました(^^)
   狂言はわかりやすくて、楽しいですね。
   学生の頃に学校で見せてもらって以来でしたので、本当にいいものを見せていただきました。

   さて、奉納はまだ続きます。次回もお楽しみに・・
   (それにしても私は文才がなくて・・落ち込むわ~!)
[PR]

by maronn-05 | 2007-09-29 11:42 | 建物/神社仏閣
2007年 09月 27日
梨木(なしのき)神社 萩祭り (2)
 
 今夜の更新記事は実は昨日、一度アップしたものです。
 非公開記事として、残していたものを今夜は改めてアップさせていただきます!

 池坊京都支部による献華式の後は平安雅楽会による舞楽です。

  このスキンは横写真が小さく表示されています。
   できれば、写真をクリックして見てくださいねm(__)m


 ① まずご一行は神殿にお参りに行かれました。
f0019849_20362960.jpg


 ② 笙(しょう)
f0019849_20421089.jpg


③ 太鼓の雅楽の演奏の中
f0019849_20431986.jpg
 

④ 舞が披露されました。
f0019849_20442568.jpg
 

⑤ これを見てエンガチョを思い出した私。不謹慎でごめんなさい f(^^;)
f0019849_20454044.jpg


 ⑥ 舞い終わり、去っていく姿も絵になっていました。
f0019849_20463222.jpg


 ⑦  いい舞と演奏をありがとうございました。
f0019849_20514451.jpg


 ⑥のような隙間写真、覗き写真は結構、好きでこの日も何枚か撮っていました。

 奉納行事はまだ続きます。
[PR]

by maronn-05 | 2007-09-27 20:55 | 祭り/行事
2007年 09月 26日
観月の夕べ 大覚寺

 昨日は中秋の名月でしたね。

 一度、萩祭りをアップしたのですが、急遽、観月の夕べの写真に変更することにしました。
 大覚寺の観月の夕べは23日~25日の3日間行われました。
 写真は9月23日に撮ったものです。たくさん、アップしましたので、覚悟して見てくださいね。

  このスキンは横写真が小さく表示されています。
   できれば、写真をクリックして見てくださいねm(__)m


 ① 舞楽台には野菜と果物と
f0019849_1655114.jpg


 ② お花がお供えされていました。
f0019849_1664261.jpg


 ③ 龍を模った龍頭船 (鷁首をつけた鷁首船の2艘が浮かべられていました。)
f0019849_15471211.jpg


 ④ 期間中、この屋形船に乗って
f0019849_15553520.jpg


 ⑤ 大沢池を一周することができます。
f0019849_15585586.jpg


 ⑥ 屋形船に乗ってお抹茶をよばれながら観月する、雅で風流ですね。
f0019849_1631530.jpg


 ⑦ 生憎、この日はまとまった雨が降ってきました。
f0019849_1674435.jpg


 ⑧ でも、雨の後、一瞬ですが夕焼けを見ることができました。
f0019849_16131664.jpg


 ⑨ 京都嵯峨芸術大学によるAN-DONに誘われてお散歩もまた楽しかったですよ。
f0019849_16212589.jpg


 ⑩ 私の2007年の大覚寺の観月の夕べ
f0019849_16221080.jpg


 ⑪ 行灯の中のお月様とうさぎさんでした(^^)
f0019849_16231651.jpg


 たくさん、見てくださってありがとうございます。


         ・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・★・・・・・


 昨夜は関西でも素晴らしいお月様を拝むことができました。
 写真には撮らなかったのですが、仕事帰りに真夜中の買出しの折に、そしてベランダからと
 何度も月を眺めて、うっとりしました。
 皆様もきっと、同じ月を眺めていたのでしょうね。
 多くの方と同じ月をそれぞれの場所から眺める・・素敵なことですね。
[PR]

by maronn-05 | 2007-09-26 16:32 | 建物/神社仏閣