タグ:神社仏閣 ( 66 ) タグの人気記事

2008年 04月 19日
今宮神社 やすらい祭

 4月の第2日曜、今宮神社では疫神を鎮めるお祭りやすらい祭が行われました。
 このお祭りは京都三大奇祭のひとつだそうです。

 ① 
f0019849_20511048.jpg


 ② 4つの組のうち2つがすれ違う瞬間
f0019849_2354944.jpg


続きはこちらから・・
[PR]

by maronn-05 | 2008-04-19 00:12 | 祭り/行事
2008年 04月 16日
仁和寺 (前)

 また桜の写真に戻りますね(^^)
 京都一、遅咲きと言われる仁和寺の桜を見に行ってきました。
 仁和寺は満開の御室桜目当ての参拝客で大層、にぎわっていました。

 ① 仁王門から見える桜  参拝客がひっきりなしに入っていきます!
f0019849_16163335.jpg


 ② ここの桜はみな、低木で、御室桜の謎として有名ですね。
f0019849_16525557.jpg


   この御室桜(オムロアリアケ)は1600年代におよそ200本が植樹されたのが始まりと言われています。
   2メートルほどにしか成長しないため
   わたしゃお多福/御室の桜/鼻(花)が低くても/人が好く 
   と謳われ親しまれました。

    オムロアリアケ以外の桜も本来より低いため御室桜の謎とされてきましたが
    この12日(土)になぜ仁和寺の桜はどの種類も背が伸びないのかの調査結果が出ました。
   粘土質の土壌のため、空気や栄養が乏しく、これが成長を阻んでいたそうです。

 ③ 舞妓はんの衣装を着たお嬢さんたちが記念撮影をされていました。
f0019849_16175426.jpg


 ④ 御室桜は本当に満開でした。 
f0019849_1620619.jpg

   
 ⑤ 昼間の提灯も明るくていいですね♪
f0019849_173544.jpg
 

 ⑥ 五重塔(重要文化財)
f0019849_16351599.jpg


 ⑦ 金堂(国宝)
f0019849_16364656.jpg


 次回は桜の花の写真を見てくださいね。
   
[PR]

by maronn-05 | 2008-04-16 17:10 | flower
2008年 03月 31日
千本釈迦堂 櫻便り
 あちこちのブログで素敵な桜をアップされだしましたね。
 私も奈良散策の続きはまた、いつの日かアップすることにして、季節の桜を先にアップしますね。
 
 今日は京都・千本釈迦堂(正式名称・大報恩寺)の桜を・・

 ① 門の前の桜
f0019849_12432572.jpg


 ② 見頃の阿亀(おかめ)桜
f0019849_124524100.jpg


 ③ 内側から見上げる阿亀桜
f0019849_12484673.jpg


 ④ 阿亀桜と松
f0019849_12493314.jpg


 ⑤ マクロ練習
f0019849_12514757.jpg


 ⑥ 桜の花を後ろボケにしてみました!
f0019849_12543447.jpg


 ⑦ 大好きな光と影!
f0019849_12555787.jpg


 関西は梅の花が咲くのは例年より遅かったのに、桜は急に咲き始めましたね♪
 見ごろの桜もあれば、今から咲く桜もあり・・しばらく楽しめるかしら~?!
 皆様も素敵な桜を見つけてくださいね~(^^)
[PR]

by maronn-05 | 2008-03-31 13:11 | flower
2008年 02月 15日
姫みくじ

 市比賣(いちひめ)神社はマンションの階下にある小さな神社でした。
 
 ① 雪の降った翌日はお天気になりました!
f0019849_17215721.jpg


 ② これが姫みくじです!
f0019849_172637100.jpg


 ③ 底からお御籤が出てきました!
f0019849_17292237.jpg


 ④ 姫だるまにお願い事を書いて奉納される方が多いそうです。
f0019849_17305416.jpg


 ⑤ 皆さんの願い事が叶えられますように・・
f0019849_17322263.jpg


おまけ写真
[PR]

by maronn-05 | 2008-02-15 17:39 | 京都
2008年 01月 30日
法隆寺(3)

 今日で法隆寺のラストです。
 たくさんアップしていますが最後までお付き合いくださいね(^^)

 ① 鏡池正岡子規の句碑
f0019849_1461025.jpg

    昔、ここにお茶屋さんがあって、「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の句はここで詠まれたそうです。

 ② 平成10年に落成した大宝蔵院
f0019849_1482583.jpg


 ③ この書は書家の榊莫山先生のものだそうです。
f0019849_14131219.jpg

   
 ④ この中に百済観音堂夢違観音像(白鳳時代)・玉虫厨子(飛鳥時代)・橘夫人厨子(白鳳時代)など
   日本を代表する名品の数々が展示されていました。
f0019849_1417527.jpg


 ここからは、東院伽藍の写真です。

 ⑤ 夢殿(奈良時代・国宝)。八角円堂。聖徳太子を供養するための殿堂です。
f0019849_14222056.jpg


 ⑥ 奥に見えているのは東院鐘楼(鎌倉時代・国宝)です。
f0019849_1430410.jpg


 ⑦ 袴腰と呼ばれる建築様式で、現存している袴腰付鐘楼としては日本最古のものだそうです。
f0019849_14373491.jpg


 ⑧ おまけ写真  鷺が飛んでいるところを( -_[◎]oパチリ 
    広角で撮ったので小さいですが、真上を飛ぶ姿は迫力ありましたよ(^^)
f0019849_14365089.jpg


 今回もたくさん、見てくださって、ありがとうございました(*- -)(*_ _)ペコリ
 (これでもだいぶ端折ってお伝えしているんですよ~!)
 次回は、教わったことを思い出しながら写真をゆっくり撮りに行きたいと思います。
 
[PR]

by maronn-05 | 2008-01-30 14:43 | 建物/神社仏閣
2008年 01月 29日
法隆寺(2)

 さて、今日は中門の中に入ってみましょう!西院伽藍をご案内しますね。

 ① 中門を中に入るとまず、目に飛び込んできたのが五重塔(飛鳥時代・国宝)です。これも日本最古だそうです。
f0019849_1218424.jpg

    塔は釈尊の遺骨を奉安するためのものだそうです。

 ② そして金堂(飛鳥時代・国宝)。法隆寺のご本尊を安置する聖なる殿堂です。
f0019849_12474699.jpg


 ③ 左より金堂、中門、五重塔
f0019849_1259890.jpg


 ④ ベストポジションからは丁度、五重塔の上部の九輪に太陽が当っていましたが、
    かえって、神々しい感じがしました。
f0019849_13103120.jpg


 ⑤ 回廊(奈良時代・国宝)
f0019849_13151080.jpg


 ⑥ 回廊は東側の鐘楼、中央の大講堂、西側の経蔵につながり、西院伽藍を形造っています。
f0019849_13185371.jpg

   西側より東側のほうが一間だけ長くなっているのは、金堂と五重塔のバランスを考慮したものだと考えられているそうです。

   今日はここまで・・次回も見てくださいね。
[PR]

by maronn-05 | 2008-01-29 13:24 | 建物/神社仏閣
2008年 01月 28日
法隆寺 (1)

 関西ではこの冬一番と言われた25日に世界遺産でもある法隆寺に行ってきました。
 ボランティアの方が声を掛けてくださり、案内していただきました。
 (写真を撮る時間は設けられていませんので、報告写真になっています!
  写真を撮る以上に充実した法隆寺となったことはいうまでもありません!)


 ① 南大門(室町時代・国宝)から中門五重塔が見えます。
    まるで額縁絵のようですが、ちゃんと計算されたものですって!素晴らしいですね。
f0019849_119392.jpg


    この南大門は東大寺南大門(奈良県奈良市)・東照宮陽明門・日暮門(栃木県日光市)とともに
    日本三大門のひとつ
だそうです。

 ② 重厚な趣の中門(飛鳥時代・国宝)。
    門の左右に日本に残っている最古の金剛力士像(奈良時代)が配置されているので仁王門とも呼ばれているそうです。
f0019849_11165610.jpg


 ③ 石碑には『日本最初の世界文化遺産 法隆寺』と書かれています。この書は平山郁夫画伯によるものだそうです。
f0019849_1124092.jpg


 ④ 階段の上には八角造りの西円堂(鎌倉時代・国宝)があります。
f0019849_1127417.jpg


 ⑤ 西円堂の東側には時を知らす鐘があります。
   現在8時・10時・12時・2時・4時にその数だけ撞かれています。私たちも鐘の音を聞くことができました。
f0019849_11303130.jpg

   正岡子規が詠った「柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺」はこの鐘の音だったそうです。

   
  法隆寺の境内は広さ約18万7千平方メートルがあるそうです。
  今回、初めて中門の中にも入ってきましたので、後日、お伝えしますね。
 
[PR]

by maronn-05 | 2008-01-28 11:45 | 建物/神社仏閣
2008年 01月 16日
御会式(おえしき)櫻

 京都・妙蓮寺にある御会式櫻を見てきました。


 ① 今年、初めての櫻の花は淡くやさしい色でした。
f0019849_12322429.jpg


 ② 御会式櫻の奥には妙蓮寺鐘楼が・・
f0019849_12311643.jpg


 ③ 御会式櫻の説明が書いてありました。謂れのある櫻なのですね。
f0019849_12334012.jpg


 ④ しばし、櫻撮影会となりました。
f0019849_12344444.jpg


 ⑤ 満開の櫻の頃にまた訪れたいと話していました。  是非、実現させたいね。
f0019849_123589.jpg


恋成就のお守り
[PR]

by maronn-05 | 2008-01-16 12:54 | 風景/自然
2008年 01月 05日
春日大社にて

 春日大社での楽しみのひとつは鹿みくじをひくことでした。

 ① 可愛い鹿みくじ、相方と二人、それぞれひいてみました!
f0019849_17544291.jpg


 結果は2人とも『大吉』\(^ ^)/ バンザーイ
 でもね、中身を読み合わせたら、全く同じ内容でしたo((*^▽^*))o ゲラゲラゲラ

 ② 好きな覗き写真 並んでいる灯篭を狙ってみました
f0019849_1812485.jpg


 ③ これは直会殿の軒下の灯篭なんですよ。
f0019849_1821671.jpg


少しは春日大社らしい写真も・・
[PR]

by maronn-05 | 2008-01-05 18:32 | 建物/神社仏閣
2008年 01月 04日
春日神鹿
 
 正月三が日も明けてしまいましたね。早いです~!
 今日からお仕事の方もたくさんいらっしゃると思います。
 気持ちを新たにお仕事に励んでくださいね。

 昨日(1月3日)相方wTと二人でお正月の春日大社に初めてお参りしてきました。

 ① 春日神鹿(かすがしんろく)
f0019849_17132541.jpg


 ② 春日大社では神鹿として崇められています。
f0019849_17231315.jpg


 ③ 神鹿と言うのがわかるような光景に出合えました。しばし、皆さんその神々しい鹿に心を奪われていました。
f0019849_17281027.jpg


 
       
春日神社の神鹿  
  春日大社の祭神、武甕槌命が鹿嶋から奈良へ移遷の際、白鹿に乗って来られたといわれ、その以来、 奈良の鹿は春日大社の神鹿と呼ばれてきた。
  鹿の後脚に「さがり藤」の形をした白い毛が生えている。 これは、その昔、他国の鹿と区別するために春日明神が焼印を押しておかれたのだという。  (大和の伝説より)



 昨今、奈良では鹿の被害が問題になっているそうですが、上手く共存できるといいですね。

 
 

振舞い酒
[PR]

by maronn-05 | 2008-01-04 17:37 | 建物/神社仏閣