2006年 11月 21日
京のお茶タイム

 早々に、お茶をする事になりました。
 紅茶?珈琲?いえいえ、ここは京都。
 日本茶を飲ませてもらうお店に行ってきました!


 ① 有名な一保堂茶舗さん
f0019849_12241854.jpg


 ② 喫茶から店内をパチリ!  大きく立派な茶壷がずらり! 外人さんもたくさん買い物に見えていました。
f0019849_12253815.jpg


 ③ Yukoちゃんはお煎茶『嘉木』
f0019849_12283586.jpg


 ④ 私は玉露『雁がね』を
f0019849_12291583.jpg


 ⑤ 玉露は60度まで冷ますのでお店の方の言うとおりにお茶碗を順次3回入れ替えていきます。
    そして、急須に淹れて、2分間じっと待ちます。(ちゃんと時計を置いてくれますよ!)
f0019849_12301841.jpg


    ポイントは絶対に茶葉を廻さないこと。
    苦味や渋みがでて本来のお茶のおいしさが消えてしまうそうです。
    そして、最後の1滴まで絞りきること。
    3杯おいしく頂けるそうです。後の2杯は茶葉が開いているので待たなくていいんですよ。
    
    淹れ方は一保堂さんのHPにて詳しく載っていますので、是非、皆さんも試してみてくださいね。
    淹れたお茶は撮らずに飲んでしまいました(汗)
    お茶の甘みが出て、大変、おいしゅうございましたm(__)m


    《余談》
   
    お店の方の薦めもあり、お茶菓子は2人で半分ずついただきました。 
    どちらもとってもおいしかったです♪
    因みに『雁がね』と『嘉木』とでは、嘉木の方がお値段が上だったんですよ~!!
    こんな体験は他ではなかなか出来ないので、とても楽しかったです。
[PR]

by maronn-05 | 2006-11-21 12:46 | food


<< 緊急アップ  写真展 『健気に...      神社にて >>